サンライズこどもクリニック 予約システム

院長のご挨拶

当クリニックは、3人の小児科専門医が、(1) 一般病院小児科外来レベルの診療を行い、(2) それぞれの専門分野の診療・研究を続けることで最新の知識を日常診療に役立て、(3) 土曜の午後や休日も診療を行うことで地域医療に貢献したい、との思いから平成16(2004)年5月に共同で開設いたしました。その後ほぼ10年が経過しましたが、多少なりとも地域のお役に立てたのではないかと考えております。しかしながら、それぞれの医師の高齢化やそれに伴う健康面での諸問題、休日スタッフの人員確保の困難さ等により、このような診療体制の維持が困難となりました。

今回、それぞれの専門性や知識を活かしながら地域に密着した診療を行うために、各医師がそれぞれの地域で診療を行っていくことになりました。斉藤公幸元副院長は、「小児リウマチ・アレルギークリニック」を本年1月西船橋駅前に開設し、現在アレルギー疾患や自己免疫疾患への専門性を活かした診療を行っております。野田弘昌元院長は、当クリニックの非常勤医師でもあった佐々木望埼玉医大名誉教授や真山和徳元成田赤十字病院小児科部長らとともに、本年10月の本八幡駅前での開業をめざして現在準備中でございます。

従いまして、当クリニックは平成26(2014)年8月より私が医師一人の体制で今後の診療を行っていくことになりました。ヒブワクチンや肺炎球菌ワクチンを始めとした予防接種の種類の拡大と同時接種の普及、溶連菌やアデノウイルスを始めとした迅速検査法の進歩など、この10年間の間に小児科外来診療もめまぐるしく変化してきております。たとえば、乳児期の予防接種の導入によりヒブ(インフルエンザ菌)や肺炎球菌に抵抗力がつけば、溶連菌やマイコプラズマが迅速検査により否定されると、気道感染の原因は抗生剤が効かないウイルスがかなりの部分を占めることとなります。一般診療に関しましては、必要のある検査を実施し、必要のある薬を処方していくことを心掛けていきたいと思います。また、予防接種では皆様の御要望に沿うように実施していきたいと思います。

私は30年以上小児科の専門の医師として診療にあたってきました。また、千葉大学医学部小児科、千葉県こども病院、埼玉医科大学小児科在籍中は、甲状腺疾患や成長障害などの小児内分泌疾患を主に研究してまいりました。一般小児疾患、予防接種、乳幼児健診、成長相談、甲状腺疾患の相談など、なんでもお気軽にご相談下さい。